小陰唇の悩みは形成外科の治療を受け縮小し解決できる

自分に合う医院

婦人科形成を診療科目に掲げている形成外科クリニックへ行くと、女性特有の悩みを解消するための治療を受けることができます。
たとえば自分の小陰唇が大きすぎるのではないかという悩みを持っている女性が少なくありませんが、他の人の小陰唇と見比べたりすることができませんので、一人で悩みを抱え込んでしまうケースが大半です。
とてもデリケートな部分に関する問題なので、親や友達に相談することもできません。
でも、形成外科クリニックへ行けば、医師が専門的な診察をしてくれますので、安心して任せることができます。
具体的には、先程述べた症状を解消するための小陰唇縮小術、膣縮小術、クリトリス包茎手術、大陰唇増大術などを受けることができます。

性交時の感度を良くするためにクリトリス包茎手術や膣縮小術などを受ける人が多いですが、患者の中には、痛みが強すぎて性交することができないという悩みを抱えている人もいます。
そのような症状がある人は、先天的に処女膜が硬くなっていたり、処女膜が完全に塞がってしまっている可能性が高いです。
処女膜は「膜」という言葉がついているため、完全に膣口を塞いでいるものだと勘違いしている人がいますが、実は指1本が通る位の穴がもともと開いています。
そのような穴がなければ、生理の経血も排出されなくなってしまいます。しかし、先天的にその穴が塞がっているケースが稀にあります。

そのような人は思春期になっても生理が起こりませんし、性交をすることもできません。
でも、形成外科で処女膜を切除する手術を受ければ、簡単に悩みから解放されることができます。