小陰唇の悩みは形成外科の治療を受け縮小し解決できる

必ず解決できる

女性特有の女性器の悩みに、「小陰唇肥大」の症状があります。
小陰唇のサイズは一般的に、膣の入り口から小陰唇の外側までの幅が最大2センチで、長さが最大7センチほどの大きさと言われています。
しかし、小陰唇肥大はそれ以上に大きくなります。普段小陰唇は隠れていますが、大きいと内側で収まらず、外側にはみ出してしまいます。
はみ出たり、垂れ下がっている症状がある場合は、小陰唇肥大の可能性が高いです。
小陰唇肥大の症状として現れる代表的な症状が、擦れて痛む、性行為時に痛む、ナプキンが擦れて痛む、座ると痛む、といった症状です。
動作や何かに触れることで痛みを感じてしまうのです。
この状態を放っておくと症状はさらに悪化し、擦れて小陰唇が黒ずんだり、炎症を起こしたり、臭いが発生してしまいます。
こういった症状を防ぐには、小陰唇を縮小することが大切です。
小陰唇を縮小するには、形成外科で治療を受けることが必須です。

小陰唇の状態によって異なりますが、小陰唇を縮小する手術時間は一般的に早くて片方30分ほどと言われています。
縮小し過ぎてしまうと尿が飛び散ることもあるため、一般的なサイズに縮小していきます。
麻酔をするため痛みを感じることはなく、縫う際に使用する糸も時間が経つと溶けていくタイプを使うこともあるため、事前に治療法を確認しておきましょう。
入浴は当日から可能で、性行為は手術から1カ月ほどで可能です。
手術に対して不安を感じる人もいますが、経験豊富な医師が確実に解決してくれるので、安心して受けることができます。

手術法

小陰唇を縮小の手術で行われるのが、肥大した部分を切除し、形を整えていく方法です。小陰唇はもともとシワが多い部分のため、丁寧に縫うことで術後跡が目立つことはありません。

More

デザインを決める

小陰唇を縮小する前に、小陰唇のデザインを決めていきます。尿道や陰核の脚、大陰唇に影響を与えないように形を決め、治療を行います。また、左右の大きさが対象になるようにデザインすることもポイントです。

More

一般的な費用

形成外科によって費用は異なりますが、小陰唇を縮小する際にかかる費用が、10万円から30万円ほどです。手術をする部位によって費用が異なるため、その人の小陰唇の状態によって費用が変わるのです。

More

大きさの基準

小陰唇が大きいとされる基準があります。それは、左右の大きさが違う、おりものが多い、はみ出る、痛みがあるというものです。左右の小陰唇を合わせてくっついたままの場合は肥大している可能性があるため、縮小の手術が必要です。

More

アフターケアを受ける

手術で小陰唇を縮小したからといって、完全に治療が終わったというわけではありません。治療後の合併症の危険性もあるため、アフターケアを受けて定期的に状態を診断してもらいましょう。

More

自分に合う医院

小陰唇縮小手術は形成外科で行なうことができますが、形成外科は全国に点在しています。そのため、ネットを活用し医院を見つけることで、多くの医院と比較することができ、自分に合った医院を見つけることができるのです。

More